ビジネスカードについて考える(2)

クレジットカード

ビジネスカード検討の続きです。

ビジネスカードについて考える(1) - FIRE & TECH
以前から事業用のカードを作らねばと思っていていろいろ悩んでいたのですが、なかなか「コレ」というものが見つからず延び延びになっていました。このままではイカンということで一念発起(いうほどでもないけど)していろいろ調べました

重要視しない要件

利用人数

管理人は今のところ個人事業です。法人も近いうちに検討はしていますが、人数を増やす予定もないので今回は検討対象外です。例えば家族経営ならここは考慮する必要があるでしょう。

利用上限額

今のところ一月当たり100万とか使う予定はありませんが、物件によっては不動産取得税が100万を超えることがあります。その意味では上限50万とかだと困るワケですが、今回のターゲットはゴールドカード相当以上です。ゴールドカードであれば大抵200~300万円あたりが上限となっているので、あまり気にする必要はなさそうです。

審査難易度

今回は急ぎというわけではないので、通らなかったら別のカードに申し込むだけです。その意味で今回は重要度は低めです。ただ、複数のビジネスカードに同時に申し込むのはやめた方がよさそうです(資金繰りに困って手あたり次第に申し込んでいる・・・などと想像されるらしい)。

各種付帯機能

ビジネスカードに限りませんが、クレジットカードには付帯機能がついているものが多いです。空港ラウンジの無料利用や保険付帯(自動・利用)、プライオリティ・パスなどがありますが、個人的にはここはあまり重視していません。

そもそも、ステータス性を考慮すればある程度以上の機能は気にしなくても付帯されます。本業のサラリーマンを続けている限りそれほど頻繁に海外旅行に行くということもないですし、正直今の自分の状態ではあまり有意な差を感じられません。逆に言えば、ここが決め手になるくらいのレベルにまだ到達できていないとも言えますが・・・。

そんな感じなので、ここまで触れてきませんでしたが航空系マイルも特に気にしていません。大昔に Edy チャージでポイントが付くころには貯めてましたけど。

ちなみに旅行行くなら SPG アメックスが良さそうです。ビジネスカードではないですが。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード|アメリカン・エキスプレス
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG)はMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへ。ご継続特典、エリートステートなど価値ある優待の数々で、最高峰のホテル滞在を叶える。詳細はこちら

結局どうしたのか

今回は三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドに申し込むことにしました。以下の4つを満たしているのが理由です。

  • iD が使える
  • (少なくとも日本において)それなりにステータス性のあるプロパーカード
  • 国際ブランドは VISA or Mastercard
  • 公式サイトで「代表者ご本人の確認資料のみ」と明記していて申し込みが楽そう

個人的にあのパルテノン神殿が好みです。個人用のカードは先日券面デザインが変更されて一部不評を買っているようですが、ビジネスのほうは残されたようです。敢えて差をつけるようにしたのかもしれません。

三井住友カードのデザインがナンバーレスに!特徴や入手方法は?[ゼロからはじめるクレジットカード]|三井住友VISAカード
より安心・安全・快適にクレジットカードが利用できる三井住友カード(NL)が登場しました。デザインを含め、何がリニューアルされ便利になったのかを、詳しく紹介します。【三井住友VISAカード】
なぜ三井住友カードは突然「ダサくなった」のか、その意外な真相(岩田 昭男) @moneygendai
三井住友カードといえば、VISAブランドの盟主として日本のクレジットカード業界を牽引してきた、銀行系カードの雄。そんなカードが今、30年ぶりのリニューアルを機に大きく揺れている。なぜ三井住友カードは、シンプルかつ高級感ある雰囲気で人気を集め、ユーザーにとって馴染み深かったデザインを捨て去ってでも、今回の完全リニューアル...

還元率は 0.5% と標準ですが、ここは妥協しました。

JCB Card Biz と少し迷った・・・というか最初はこちらに申し込もうと思ったのですが、申し込みサイトの内容がちょっと分かりにくい。

例えば「お勤め先について」が、自営業の方を入れるのか、サラリーマンとしての勤め先を入れるのか(「屋号」と書いてあるので自営業の方かと思いつつも、「入社年月」という項目もあって迷う)、「他社からのお借入れ」が不動産投資ローンが含まれるのか、など。

その点三井住友ビジネスカードの申し込みページでは、例えば「担保なしの借り入れ」などとと明記されており非常にわかりやすい。

というわけで途中で萎えて、やっぱり JCB より VISA がいいよねとか自分を納得させながら今回は三井住友ビジネスカード for Owners を申し込みました。あとは審査が通るかどうか・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました